プロテインを飲む理由

プロテインを飲む理由

もうプロテインなしの生活は考えられない…

①管理しない管理栄養士とは
②今日の本題
③プロテインあきやまの食卓

①管理しない管理栄養士?

栄養研究所で運動と栄養の研究に4年間没頭

総合病院で病院の管理栄養士として6年間勤務

5000人以上の方の食事や栄養の相談に乗り

独自に研究し、アドラー心理学を元にした相手に響く食事指導法を開発

管理しない管理栄養士

プロテインあきやまとして

健康の自主管理ができる人材を育てるビジネスを展開中

自身は、藤川理論の栄養療法の実践者

糖質制限・プロテイン・サプリメントを活用し、誰でもできる効率の良い栄養の取り方を教えている

②1日体重あたり1gのタンパク質がとれていないと

カラダは確実に不調を引き起こします

カラダのタンパク質は常に分解と合成を繰り返しています

タンパク質が十分足りていると、分解<合成 となり、カラダは丈夫になります。古い家のリフォームをするとき、材料がたくさんあると安心ですよね。

タンパク質が不足すると、分解>合成 となり、カラダの筋肉や内臓がボロボロになります。古い家をリフォームする時に、材料が足りなかったり、ボロボロの木材ばっかり。それでは不安ですよね。

タンパク質不足で、分解>合成 が続くと内臓や筋肉が正常に働かなくなります。それが、病気やカラダの不調の大きな原因です。

そのため、いかにタンパク質をとって 分解<合成 の状態を維持するかが重要です。

食品では肉・魚・卵がタンパク質の供給源です。

卵1個 タンパク質6g

肉or魚100g タンパク質15g

体重70kgの方なら

卵4個、肉300gが1日最低必要な量です。

どうです?

卵4個、肉300gを毎日食べ続けられますか?

結構大変だし、お金もかかります。

そこで、救世主プロテインの登場。

プロテインは1人前15-20gのタンパク質がとれる。

朝夕2回飲めば、1日に必要なタンパク質の半分以上がとれる

要は、たくさん食べなくても必要な栄養がとれる魔法の飲み物

安いのを探せば、1人前100円以下のものもたくさんあります。

オススメのメーカーはマイプロテイン。

味もたくさんあっておすすめです。

プロテインで楽に栄養を取りながら、病気を予防したり、カラダのコンディションをととのえましょう!

③プロテインあきやまの食卓

あきやまは1日3-4人前のプロテインで栄養をとっています。

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。