休みの日に食べすぎてしまう

休みの日食べ過ぎるは、カラダのSOSのサインです。栄養学で言うと、タンパク質不足の方の特徴です。タンパク質が不足している人は食べ物を消化する消化酵素が十分作られていません。消化酵素が不足すると、消化不良で胃腸炎等になりやすくなります。必要な栄養も取りにくくなります。

消化酵素=タンパク質です。カラダの中のタンパク質が不足すると、消化酵素は作りにくくなります。故に、タンパク質不足が諸悪の根源となります。タンパク質を毎日しっかり補給できていれば、休みだろうが飲み会だろうが、食べすぎることは皆無になります。

休みの日に食べ過ぎる人は、普段の食事を見直してみてはいかがでしょうか?

protein131088
  • protein131088

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。