てんかんって病気知ってる?

知ることで救われる方もいます。

①今日はこんな日
②今日の本題
③プロテインあきやまの食卓

①今日はバーベキューに招待されています♬

肉焼くのが好きなので楽しみ

タンパク質がしっかりとれるバーベキュー

②てんかんの食事療法は、外国では当たり前!?

皆さん「てんかん」っていう病気ご存知ですか?

以下 厚生労働省HP https://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_epilepsy.htmlより抜粋

てんかんは、突然意識を失って反応がなくなるなどの「てんかん発作」をくりかえし起こす病気です。

その原因や症状は人により様々で、乳幼児から高齢者までどの年齢層でも発病する可能性があり、患者数も1000人に5人~8人(日本全体で60万~100万人)と、誰もがかかる可能性のあるありふれた病気のひとつです。

「てんかん発作」は、脳の一部の神経細胞が突然一時的に異常な電気活動(電気発射)を起こすことにより生じますが、脳のどの範囲で電気発射が起こるかにより様々な「発作症状」を示します。

↓動画参照

日本に60万~100万人の方が罹患している病気

札幌でもたまにみかけます。

発作が起こったときは本人はパニック状態です。

周りの大人が病気を知った上で接していると患者は安心します。

病気の大変さは病気になった人にしかわかりませんが、少し知る努力をすることが大事です。

てんかんの1つの改善法として、栄養療法があります。

日本にはまだあまり知られていない方法、それが「ケトン食」です。

ケトン食を一言で説明すると、糖質を制限し、蛋白質・脂質を中心として食べ物で生活をする方法です。

簡単に説明すると

お肉の脂身やオリーブオイル等の脂質を十分に摂取する

いきなりステーキとか、バーベキューで肉食べ放題

その代わり米や小麦、砂糖を使ったものは制限(かなり厳しい制限)

てんかんに対するケトン食の効果の一例は「The KETOGENIC Diet – A TREATMENT FOR CHILDREN AND OTHERS WITH EPILEPSY – 」の中で紹介されています。ご興味ある方は調べて見てください。(英語の本です)

※てんかんの方がケトン食を試すときは、主治医に相談してからにしてくださいね~(法律上の大人の事情で書いときます)

ケトン食自体は、食事の考え方を変えれば案外簡単にできます。


③プロテインあきやまの食卓

来週は夏休み。

関西で美味しいごはんが楽しみだ。

★profile★

栄養研究所で運動と栄養の研究に4年間没頭
総合病院で病院の管理栄養士として6年間勤務
5000人以上の方の食事や栄養の相談に乗り
独自に研究し、アドラー心理学を元にした相手に響く食事指導法を開発
管理しない管理栄養士
プロテインあきやまとして
健康の自主管理ができる人材を育てるビジネスを展開中
自身は、藤川理論の栄養療法の実践者
糖質制限・プロテイン・サプリメントを活用し、誰でもできる効率の良い栄養の取り方を教えている


今日もブログをご覧頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です